静岡県の観光スポット伊豆・三津シーパラダイス

伊豆・三津シーパラダイスは静岡県沼津市にある水族館で、静岡県内の人気観光スポットの一つです。開業は1930年、日本で5番目の水族館で、1977年の新装を機に「伊豆・三津シーパラダイス」と改称されました。現在施設内には日本ではここだけで見られるキタオットセイの他、カリフォルニアアシカやゴマフアザラシ、フンボルトペンギンやチリフラミンゴなどが飼育されています。他にもバンドウイルカ、カマイルカ、トド、セイウチ、アオウミガメなども見られます。くらげ万華鏡水槽もある「さかなのくに」には魚介類約400種飼育され、地元である静岡県駿河湾の海中を再現しています。隣接する人工のなぎさ「いそあそびーち」では水中生物にふれあうことが出来ます。ショーステージやショースタジアムではイルカやアシカ、トドなどの曲芸が見られ、またセイウチなどの餌やりも見学できます。また見学者による餌やりや、ゴムボートに乗ってイルカウォッチングを楽しむなどのイベントが毎日開催されています。他にも伊豆・三津シーパラダイスには富士山を眺めながら食事のできる展望レストランや、ここでしか手に入らないオリジナル商品が揃った売店もあります。営業は年中無休で午前9時から午後5時まで、最終入館は午後4時までとなっています。アクセスは伊豆箱根鉄道駿豆線伊豆長岡駅から路線バス利用で約20分です。

このページの先頭へ